ブログを運営していてふと悩む時があるんですよね。

ブログで一番大切なものってなんだろう。

色々大事なことってありますが、個性ってかなり重要だと思うんですよね。
個性のないブログはつまらないですから。

スポンサードリンク

ブログにおける個性の重要性

ブログでは自分を全面的に押し出す方が得です。

残念なことに控えめな人ほどブログにおいては不利になってしまいます。
なぜなら特徴のないブログは面白くないんです。

Wikipediaとか読んでいて楽しいですか?

知りたい情報は書いてあるかもしれません。

でも、毎日毎日ウィキペディア見ているという知り合いいますか?

いないですよね?

ブログをやっていると、必要なことを調べてはい終わり!

ってなってもらうと困るんですよ。

個性を誇張させたりして表現することが大事になってくるんです。

スポンサードリンク

そもそも個性とは?

最近考えていたのは、私個性ないんですよね。
って言う人が地味に多いということ。

なのでブログに個性を出すのも難しいみたい。

そもそも個性ってなんでしょう。
何をもって個性というんですかね。

主張の強い人
主張をしない人
ブログで過激になる人
ブログでは平穏に書きたい人

いろんな人がいますよね。
でもそれも全部その人の個性ですよね?

僕が思うに個性ってその人らしさだと思うんですよね。
なので個性がないっていう言葉はよくわからない。

個性がない人間なんていないです。

個性を出すためのコツ

個性を出すためのコツを紹介していきます。

ターゲットを決めろ!

しっかりしたターゲットがいるとその人に向けた記事がメインとなります。

そうなるとバラバラと記事を書くより専門性が高いブログになって、結果としてそれが個性になります。

例えば、雑記ブログと1990年代に流行った物を紹介するブログ。
どちらが個性ありそうですか?

1990年代に流行った物を紹介している人の方が個性ありそうじゃないですか?

ある程度個性があると、ブログ自体に興味を持ってもらいやすくなります。

これはペルソナを決めることと同じですね!

感情を出せ!

記事を書くときにガンガン感情を出していきましょう!

喜怒哀楽

文章の中にこれがあればかなり個性的な文章になります。

カープのチケット転売している人がネットで炎上したらしい。
チケット転売なんてやめてほしいですね。

カープのチケット転売している人がネットで炎上したらしい!!
ざまぁないですね!
そういう人がいるから、チケット買いづらくなるんだよ!!
これをきっかけにチケット転売する人は減って欲しいですね。

同じようなチケット転売やめてついて話していますが、どちらの方が面白いですか?
後の方が面白くないですか?

こうやって自分の感情をどんどん出していくことによって個性のある記事になります。

顔だしてみる

顔を出すのはちょっとハードルが高いかもしれませんが、簡単に個性を出すことができます。

同じ内容を話していても、顔出ししているのと顔出ししていないのとでは信頼度も面白さも何もかも違いますからね。

顔出しするのはやはりメリットしかないです。

唯一のデメリットとしてはやはり顔バレですよね。
ネットの世界はやはり怖いですからね。

顔出しするなら、youtubeを交えるのも面白いかもしれませんね。

記事をパクらない

これも非常に重要ですね。
人の記事をパクらないこと。

完コピまでするとグーグルの評価的にも最悪で、ペナルティを受けてしまいます。

そうじゃなくても、記事をパクってしまうと内容が被っちゃうんですよね。

同じような内容を買いてしまうと、個性っていうのはほぼなくなってしまいます。

ネタが思い浮かばない、ライバルチェックなどをするときは、記事を読むのではなく、検索して表示された記事のタイトルをみるくらいにしておきましょう。

それだけで十分記事は書けるはずです。

まとめ

ブログをやる上で個性というのはとても大事です。
イマイチ個性を出せている感じがしないなら、今回の記事を参考に個性をガンガン押し出していくべきです。

特に、ターゲットと感情を出していくこと!

この2点を意識するだけでもだいぶ変わります。

オリジナリティ溢れるブログだと読者も読んでいて楽しいですよね!
意識して面白い記事を書くのではなく、オリジナリティを意識することで、自然と面白い記事になるわけです。

このことを意識して、読者を楽しませてあげましょう(^^)