今回は個人的にイチオシしているドラゴンチェーンについて書いていこうと思います。

この銘柄は短期的に見ても、長期的に見ても面白い通貨だと思います。

ディズニーのイメージが先行しすぎて、ドラゴンチェーンについてあまり知らない人も多いと思うので、この機会に知っておきましょう。

若干妄想混じり(ポジトーク)で解説するのでそのつもりで!

スポンサードリンク

DragonChainとは

ドラゴンチェーンはディズニーが開発したブロックチェーンプラットフォームです。

イーサリアムをベースに作られています。

簡単にいうとブロックチェーン技術を使った基盤のことでで、ドラゴンチェーンを使うことによって今より便利になるよ〜ってことです!
企業向けですね。

ブロックチェーンプラットフォームといえば他にもNEOやWavesなどが有名ですね。

これからICOはどんどん広がって行くと思うので、必然的にブロックチェーンプラットフォームの価値も上がって来るはずです。

イーサリアムはブロックチェーンプラットフォームの先駆けです。
このイーサリアムにはない特徴や違ったコンセプトで開発を進めて行くのが重要になって来るでしょう。

NEOは独自のEBFTという技術を確立しています。
Wavesは法定通貨をブロックチェーン上で扱うことができます。

DragonChainはとにかく簡単にブロックチェーン技術を導入できるようにしようとしています。
技術面では大きな違いはありませんが、コンセプトで勝負している感じですね。

スポンサードリンク

今後の価格予想

2018年にはさらにICO案件が増えていくと思っています。

イーサリアム、ネオ、ドラゴンチェーンなどブロックチェーン技術の普及につながる通貨はこの1年間大きく飛躍するはずです。

その中でもドラゴンチェーンは背景、技術などを考えても明らかに今の価格は安すぎると思います。

DRGNの現在の価格は日本円で455円(1月14日)

これって他の似たような通貨と比較しても異常に安いです。

ICOからほとんど日が経ってなくて知名度もまだまだ低いのでこの価格なのでしょう。

逆にICOからの経過時間を考えると異常とも言えるペースで価値が上昇しています。

DragonChainは2018年中にプラットフォームを全面公開する予定のようです。

先日、初めてDragonChainを導入したICOがありました。
今月末にも

これからの1年間はDragonChainを利用したICOはどんどん出てくると思っています。

そうなると、今の価格は異常とも言える安さです。

  • 新しい取引所への上場
  • 多くのICO案件
  • 現在の価格の安さ

これだけの材料があると正直今年1年間はガチホがいいのではないかと思ってしまいます。

最近ナスダック上場企業との提携も発表し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで進んでいるのでDRGNには期待しかありません。
今後が非常に楽しみです!

DRGNの買い方

DRGNが買える取引所でオススメなのがKucoinです!

この取引所は他では扱っていないマニアックなコインも多数取り扱っています。

簡単な登録方法だけ説明しておきます。

*最近フィッシング詐欺が流行っているので、こちらのリンクから登録してください。
グーグル検索などは特に危険です!

○登録はこちら
Kucoin

右上の新規登録から必要な情報を入力。

もし、日本語になっていなければ言語を日本語に変更しておきましょう。

メールアドレスとパスワード、確認用にもう一度パスワードを入力して次をクリック。

登録したメールアドレス宛にKucoinからメールが届くのでリンクをクリックします。

これで登録は完了!

めちゃくちゃ簡単ですよね。

あとはグーグルの2段階認証を設定しておきましょう。

設定→グーグル2ステップをクリック

Google Authenticatorを利用しバーコードを読み取ります。

まとめ

DragonChainはまだまだ発展途上です。

2018年必ずDragonChain躍進の年になるはずです。

現在のNEOの価格と同じくらい($100)とまでは行かないかもしれませんが、現在の価格は明らかに安すぎます。

上場している1番大きな取引所がKucoinというのも、まだまだ伸び代を感じませんか?

イーサリアム、ネオ、ドラゴンチェーンなどブロックチェーン技術の普及につながる通貨はこの1年間大きく飛躍するはずです。

まだまだ伸び代のあるドラゴンチェーンに投資してみてはいかがでしょう?