大学生の悩みのタネの一つとして単位が足りない…

ってことが挙げられると思います。

必修科目の単位を落とした…
って人もいるはず。

先輩らに必修科目を落とすとやばいよ…

って脅されていると思います。
それは本当なのでしょうか?

留年を経験した僕が話していきます。

スポンサードリンク

必修単位を落とした

必修科目の単位を落とした人について話します。

まず最初に知っておいてほしいのは、必修単位を落とすとかなりやばいです!

先輩らの言っていることは本当です。
必修を落とすとまじでやばい。

しかし、必修科目の単位を落とす=留年ではありません。

留年するかどうかは所属大学と何年なのかによります。

単純な話、4年生なのに必修単位を落としてしまったら当然留年です。

逆に1年生で必修単位を落としてしまった場合。
これは、来年以降の時間割によります。

来年以降、落とした必修授業の時間が空いているのかどうかです。

再履修が可能な場合は大丈夫です。

しかし、同じ時間に必修授業が入っている場合、必然的にどちらかの単位を落としてしまうことになるので留年が確定してしまいます。

裏話ですが、授業をする時間は教授の都合らしいです。

1限目は面倒だから昼からしかやらない!
って教授も結構いるらしいです。

そうなると当然、時間割って被りやすいですよね。

昼に行われる授業は絶対に落とさないようにするのも留年しないコツかもしれません。

スポンサードリンク

留年かどうかを調べる方法

基本的に留年が確定するかどうかは、卒業に必要な単位数を残りの年数で取得できるかどうかによって決まります。

なので自分が留年かどうかを調べるなら、履修の手引きを確認しましょう。

今までの取得単位を計算し、残り必要な単位数を計算します。

卒業に130単位必要で現段階で100単位
あと1年で20単位しか取れない

こうなるともちろん留年ですね。

それ以外にも、この科目とこの科目は授業の時間が被っているので取得できないと言った場合もあります。

卒業するための条件は細かく注意して見てみましょう。

自分で調べてもよくわからなければ担当教授みたいな人に相談にいきましょう!
面談みたいなことをやってくれますよ!

留年が確定までの単位状況

ここで僕の経験談として単位取得状況を簡単に話します。

単位を落として焦っている人は参考にしてみてください!

1年前期
約22単位(取れて当然)

1年後期
12単位(かなり焦る)

2年前期
約26単位(俺やればできるじゃん)

2年後期
約6単位(本気で焦る)

3年前期
約20単位(そこそこ頑張る)

3年後期
0単位(不測の事態で留年確定)

()の中はその時の気持ちです。

1年後期で3〜4科目くらい落としましたが、今思うと大したことなかったです(笑)

3年の後期にちょっと不測の事態が起こってテストを受けれず0単位になってしまいました…

ちなみに必修は1回落としましたが、その後無事に取れて必修が理由で留年したわけではありません。

早い話、必修単位以外を1つ落としたくらいで留年になるなんてありえません。

大丈夫です!
4年の時に少し忙しくなるくらいです。

まとめ

単位を落とすと授業が後にどんどん授業が増えていき、しんどくなってくるのでその後も単位を落として留年しやすくなります。

これは以前、教授に聞いたのですが、一度単位を大量に落とした人はその後もズルズルと単位を落としていき、留年する人が大多数。
さらに大学をやめていく人もかなり多いらしいです。

気持ちを切り替えようと思っても、やはり面倒になってしまう人は多いんですよね。
多くの人は気持ちの切り替えができないってことでしょう。

やっぱり単位を落とすって行為は本当にリスクのあることです。

できることなら全ての単位をきっちり取得することを目標に頑張りましょう!