人前でプレゼンや輪講をする時ってめちゃくちゃ緊張しますよね!!

僕も初めてやるときは本当に緊張しました。

でもだんだんと慣れてくるもんですね!
最近では全く緊張しません!

そのとき培ったコツを一つ紹介します!

たった一つですが、これだけで緊張しなくなると言ってもいいくらいやばい方法です!

スポンサードリンク

緊張しなくなるたった一つのコツ

さぁ早速発表していきます!

緊張しなくなるためのたった一つのコツは、、、

後ろから2番目くらいのに座っている人を見つめながら話す!

たったこれだけです!

僕はこれを意識するようになってから、緊張具合が激減しました!!

なぜこの方法が効果ある?

なぜこんな方法が効果あるんでしょうか?

それは緊張する人の原因は何かを考えると見えてきます。

みんなの前で発表する時に緊張する人も、友達と二人で話すときは全く緊張しませんよね?
スラスラと話せるはずです!

友達10人で話す時も緊張しませんよね?
別に気にならないはずです!

じゃあ、なんで友達の前で発表する時には緊張するのでしょうか?

失敗すると嫌だから?
いや、友達の前で話しても失敗はありますよね?

恥ずかしいから?
いや、いつも話している友達だから恥ずかしくないですよね?

答えはみんなに見つめられるからです!
前に出て発表となると、みんなの視線は一気に集まりますよね?

これは普段話している時には起こりえない状態なわけです!

逆にいうとみんなに見つめられなければ全く緊張しなくなるはずです!

ここまでいうとわかったかもしれませんが、一人の人を見つめるということは自分の視界を狭めることになります。

つまり、自分がみんなに見られている感覚を減らすことができ、さらに友達と二人で話している感覚になるんです。

目線はどこへ?

注意しなければならないのが、この方法では必ずしも仲のいい友達を見てはいけないということ!

一番仲のいい友達が一番前の席に座っているからと言って、一番前の友達を見つめてはいけません。

必ず一番後ろから2番目の位置に集中してください!

その理由は、下を向いちゃダメだからです!!

当然ですよね!
プレゼンの時に下ばっかり見るとダメなやつだなーって思っちゃいますよね?

緊張がほぐれてきても、相手からは緊張してるのかな?って思われちゃうんで、絶対に顔は前を向くようにしましょう!

スポンサードリンク

まとめ

緊張することは仕方ないです。

まずは緊張している自分を受け入れましょう。

あー、自分緊張してんなーって客観視できると意外と落ち着けるもんです。

プレゼンや輪講だってみんながみんなあなたの方を見ているとは限らないです。
みんな配られた資料を見てるんです!

自意識過剰になって余計に緊張するなんて馬鹿らしいですよね?

自分を客観的に見れるように落ち着いて後ろから2番目くらいの席の人と話しているつもりでプレゼンすればきっとうまくいきます!

自分をふるい立たせるのは自信だけです。

何度も経験を積んで自信をえられるまでこの方法を試してみてください!

そのほか僕が輪講を乗り越えた方法も書いているので参考にしてみてください!