売れない…
なんで?

メルカリで物が全く売れない時ってありますよね。
ちょっと前までは調子よく売れたのに、いきなり全く売れなくなる時ついつい値下げしたくなると思うんですよ。

でも値下げって本当に最終手段だと思ってます。

なぜなら値下げしなくてもある項目を見直すだけで売れるようになるからです。

今回は売れないときに直すべき点をチェックリスト的にまとめたいと思います。

悩んだ時はぜひこれを参考にしてみてください!

スポンサードリンク

売れないときにやること

値下げ前に絶対にやって欲しいのがこの4点

  • メルカリ相場の確認
  • 写真の確認
  • お客様の目に止まるように
  • 再出品

値下げするのはこれらを試してみてからでも遅くはないですよ。
これらをちゃんとしている人ってあまりいない気がするんですよね。

だからこそしっかりと当然のことをやるだけで売れるようになるんです。

一つずつ説明していくので、自分はできているのか、しっかりと考えてみてください!

スポンサードリンク

メルカリ相場の確認

まずはメルカリ相場を確認しましょう。

これが一番大事です。
ここが大きくずれているとかなり損しています。

アマゾンや楽天でこの値段で売られているから、メルカリでは合わせてこの値段にしよう!

こう考えている人。
かなり危険です。

メルカリではメルカリ内の独自で相場が動きます。

なのでアマゾンで1000円で売れているものでも、メルカリで1000円で売れるとは限りません。
なんなら、信頼的な意味でメルカリの方が売れにくい可能性もあります。

もちろんメルカリで1500円で売れる可能性もあります!

なので出品際には必ずメルカリ内の相場を確認しておきましょう。

もう一つ相場についてですが、相場は当然動きます。
ただし、ものによっては安くなったり高くなったりを繰り返すものも多いです。

例えば、1000円でかなりの頻度で売れているものがあるとします。

Aさんはそれを早く売りたいがために、800円で出品しました。
それをみたBさんも早く売ろうと考え、800円に値下げしました。
さらにCさんも800円に値下げ。

となると当然検索すると800円の商品が3つ並びますよね。

ある意味相場が少し下がったわけです。

ですが、AさんBさんCさんの商品が売れてしまったら、どうなると思いますか?
当然他の商品は1000円ばかりです。

売れないと思いますか?
おそらく1000円でも売れますよね?

だって人気商品で1000円で出品している人しかいないですから。

例えば、あなたがこの商品を探していて、メルカリでやっと見つけたら…
800円じゃないと買いませんか?
1000円でも買いますよね?

相場は常に変動します。
それは商品の人気具合と他の出品者との兼ね合いです。

みんながいきなり安くしているからって焦って安くせずに、とりあえず大きく構えて値下げ交渉されたら考えるくらいにしましょう。

そうしないと損することになりますから。

写真の確認

これはよく言われていることかもしれませんが、商品の写真が死ぬほど重要です。

写真といってもいいように見せるということも大事ですが、それだけでは不十分です。
商品の状態が必ずわかるように写真を撮らなければいけません。

服だったらシミや汚れの有無、おもちゃだったら部品があるかなど絶対に嘘をつかないように説明しましょう。
もし嘘をついて低評価になってしまったら終わりです。

特に、評価があまりない状態の低評価は絶望的です。
たった1つの商品のために、他の商品を売れづらくするなんてありえません。

そんなバカな選択は絶対にやめましょう。

売るための小技としては、この商品がどれだけいいものかを伝えられるように見せましょう。

ファッション系なら身につけた時の雰囲気、漫画なら表紙。

これがいかにいい商品なのかを伝えることで多少なりとも売れやすくなります!

お客様の目に止まるように

これは基本中の基本です。
どんなに値段を安くしても、どんなに人気の商品でも、それを欲しい!って思う人に商品を見せてあげることができなければ、当然売ることなんてできませんよね?

でも、どうやって商品を見せるの?

そう思っちゃいますよね。
そこは説明欄をうまく活用するんです。

実は、これができてない人めちゃくちゃいるんですよね。

なので、できたら大チャンスですよ。

まずは想像してみてください。

あなたは欲しいものがあって、メルカリに売っているかどうかを探します。
そのときになんて調べますか?

検索枠でそれに近いキーワードで調べますよね?

でも残念ながら、メルカリの検索はグーグルほど優秀ではありません。
なので、正しく検索しているつもりでも、

同じ意味でも書き方が違うだけで全く違う検索結果が表示されてしまうんです。

ひらがなとカタカナ、アルファベットとひらがな、漢字とひらがなこれでも変わります。

コンバースとconverseでは検索結果が変わります。

その点を意識して説明欄を書くといいですよ!
オススメの説明欄の例を載せておきます。

サイズ27cm
converseのオールスターです。

靴屋に似たような安い靴は色々売ってありますが、やはりコンバースは履いたときの感覚が違います!
nikeadidasもいいですが、王道の1足を持っていると使いやすいですよ!
とてもオススメの商品です。

注意点として

コンバース
converse
adidas
nike

このようにただただキーワードを羅列するのは規約違反なのでできるだけやらないようにしましょう!
印象も悪いですしね。

再出品

最後が一番大切です。

再出品してみること。
これだけで売れることも多々あります。

先ほども言いましたが、メルカリで欲しいものがあったらまず検索しますよね?

検索結果って新しく出品された人から上に出てくるので、昔に出品した自分の商品ってめちゃくちゃ下がるんですよ。

同じ値段でも検索してすぐに出てくるものと、20行目くらいに出てくるものだったら、すぐに目につく方が買われる可能性圧倒的に高いのは容易に想像できますよね?

とはいっても、毎日毎日再出品するといいねしてくれている人にうざいって思われるので、3~4日くらいで再出品するのを目安にしましょう!

まとめ

いかがでした?

  • メルカリ相場の確認
  • 写真の確認
  • お客様の目に止まるように
  • 再出品

この4点を意識してもまだ売れない、いいねもつかないようだったらさすがに値下げしようかなーって考えだします。

あくまで値下げは最終手段です。
すぐに値下げすると、損することの方が多いです。
やれることはやってから値下げ相談に乗りましょう。