勉強したくない大学生へ

効率のいい授業のサボり方を教えてやる。

効率よく授業をサボるためには友人の存在は必要不可欠だ!
これを読んで効率よく授業をサボって、自分のやりたいことに時間を使うんだ!

ちなみにこの手法は俺が友人と4年間練り続けた苦労の結晶だ。

ぜひ役立ててくれ。

スポンサードリンク

授業に関して調査せよ

これが最初のステップだ!
自分の授業について徹底的に調べろ。

といっても唐突に調べろと言われても何をしたらいいかわからないだろう。

そこで俺がチェックシートを作ってやった!
こんチェックシートについて調べれば、最初のステップは完了だ。

いいか、忘れないようにしっかりメモしておけよ。

  • 成績評価基準
  • 出席確認
  • 欠席可能回数
  • 先生について
  • 過去問の有無
  • 先輩からの口コミ

この6つさえ押さえていれば大丈夫だ。
理由とともに詳しく教えてやる!

成績評価基準

一番大事なのはこれだ!
成績評価基準がなによりも大切だ。

しかも、後に調べる内容についても関わってくる。

評価はテストなのかレポートなのか
中間はあるのか
小テストはあるのか
期末テストの点数は評価の何%を占めるのか

これをまずはしっかりと調べろ!
ネットや本に書いてあるだろう。

これを調べてないと単位落とすかもしれないレベルでやばい!!
絶対に調べておけ。

出席確認

次に大事なのは出席確認だ!
これもめちゃくちゃ大事だ。

評価基準と出席確認方法さえ知っていれば、これだけで単位が取れると言っても過言ではない。

出席確認とは、まず授業担当の先生が出席を取るかどうかの確認だ!

まぁ、残念ながら多くの先生は出席を取るだろう。
だが問題はない。

大切なのは出席確認方法なのだ!!

出席確認の方法はいろんなのがあります。
返事をするタイプ、名前を書くタイプ、学生証を読み取るタイプ、小テストをするタイプなど本当に様々です。

受けている授業はどのタイプなのかメモしておきましょう。

欠席可能回数

一応欠席可能回数も調べておくべきだ!
もし、何かの間違いがあり出席確認に失敗した時に、これを把握してないとやばい!!
気づいたら単位が出ないといった恐れもある。

先生によって様々なので、成績評価基準と一緒に調べておこう。

先生について

先生について調べあげよ。
成績をつけるのは先生だ!
くれるかくれないかは人によって大きく違う。

例えばどんなに点数が低くても、課題を出せば単位をくれる人。
かなり勉強していないと単位をくれない人。

などいろんな人がいる。
担当の先生が単位をくれる人なのかを把握しておくことで、休める日数が決まるだろう。

この4つだけ知っていればとりあえずサボることは可能だ!
ここから調べる内容は、できるだけ成績をよくするための方法だ!

心して読むんだ!

過去問の有無

過去問があるかどうかを調べる!

理由は…わかるよな?

あれば点数を取りやすくなる。
友人&先輩に聞きまくるんだ!

先輩からの口コミ

先輩に過去問について聞くついでに、過去問より大事なことを聞きだそう!
場合によっては、本当に価値のある情報だ。

つまり授業の雰囲気を聞くんだ!!

一度体験している先輩はかなりの情報を持っている。
多くの場合は毎年似たような課題が出て、似たようなテストを行う。
なので、どのタイミングで小テストがあったか、どのような小テストなのか。
途中退室している生徒はいるのか。

など、体験談を聞き疑似体験することによって、効率よく休め単位をもらうことができる。

スポンサードリンク

仲間を作れ

授業について調べ終わったら、次は仲間づくりに入る。

もちろん友達がたくさんいるならこのステップは大丈夫だ!
次の信頼構築ステップに進んでくれ

ここでは友達がいないという人向けに作った。

サクッと効率よく授業回避するための友達だ!

いや、仲間といったほうがいいだろう。

仲間を探し出せ

1発目の授業。
めちゃくちゃ大事だ!

とにかくサボりそうな人を見つけ出せ。

だいたいこれに当てはまっている人を見つけれるとチャンスだ!

  • 後ろに座っている
  • ずっと携帯をいじっている
  • 他の授業で抜けている
  • 友達いなさそう

1発目の授業で見つけたら、近づいて隣に座るんだ!

隣に座ったら一つ目の関門はクリアだ!!

早めに話しかけよ!

次は話しかけるんだ!!

「この授業ってサボれるんかな?」

こうのように攻めるんだ!!
俺らは仲間だアピールを忘れるな!!

そして、サボり会話を始めるんだ。

そいつが本当にサボりなのかを見極めることが第一歩だ!

完全にそいつがサボりだと確信できたら、交渉を始める!!

「出席とっといてやろうか?」

そしたら大概断られる!

そこで、もう一度
「全然気にせんくていいよ!来週くる?」

このように、一気に攻め込め!!
「あれ?こいつ親友だっけ?」と思われるくらい攻めるんだ!

そして、会話がそこそこ弾んだ時に、

「てか、交互に出席とらね?」

という最強の戦術を発動する!!

知らない相手だと頼むのも気がひけるが、互いにメリットを示すんだ!!
自分もやってあげるんだから、頼んでもいいか!
という感じでwin-winの関係を作り上げるんだ!!

気をつけなければならないのが、サボり野郎でなければこの方法は使えない!
真面目な子を味方につけるのは非常に難しい。
なので見極めは慎重に行え。

気をつけるんだ!!

ちなみに俺はこの方法で、教養科目の授業2つをほぼ出席せずに取ることができた!!
オススメだぜ(`・ω・´)キリッ

信頼を失うな

友達がいるのならこのステップからだ!

めちゃくちゃ大事な信頼を減らさない方法だ!
友達関係といえど、気軽に頼みすぎるのはよくない。

どういうことかゆっくりと説明してやる。

俺は人間関係の間には「信頼残高」というものが存在していると思っている。

一緒に長い年月を過ごしていくうちに貯蓄されていく。
しかし、裏切るような行動をとっていくとだんだんと引き出されていくのだ。

残高が0になった時、もはやその二人の関係は友達とはいえないだろう。

例えば、1度なら許せるドタキャンも、毎回毎回続くとウザくなる。
信頼していた友達が彼女を寝取ったら一瞬で嫌いになる

これは信頼残高が減っているから起こりうる現象だ!

友達に出席を頼む行為で、貯金を引き出しているのはわかるな?

毎回毎回、どの授業でも出席を頼んで貯金を引き出していくと、当然信頼残高が0になってしまう。
0にならなくても0に近づくだけで、出席を頼むのは断られるだろう。

その友達は残高を0にしたくないからだ。
いい話だよな。

授業の出席ごときで残高を引き出さない方法を説明していく。

友人の出席も取る

全力で友人の出席をとってやれ。
友人が何か原因があって、出席できないとき、帰りたそうにしているとき、何かあったときなどは積極的に出席をとってやれ。
これは人として当然な義務だと思う。

頼みをなんでも聞いてやれ

頼みはなんでも聞いてやれ。
出席をとってもらうという行為はそれだけ大きいことなんだ。

どんなに面倒な頼みでも聞いてやるのが大事だ!!

おごってやれ

大学生といえば飲み会だ!
お酒を飲むと積極的に話せるし、いつも話せないことまで喋れる。
違った一面をみれるので非常にいい機会だ!

しかし、お金がなくてあまり使いたくない人も多い。

なので、いつも出席をとってもらっているお礼として、飲み代や食事代は出してやれ。

間違っても割り勘なんてしちゃいけねぇ!!
漢気を見せるんだ!!

まとめ

今回は効率よく出席を取ってもらう方法についてまとめました。

授業サボること自体はそこまで悪いことだと思いません。
ですが、サボって家でごろごろするだけとか携帯いじるだけとかならサボる必要はないと思います!

自分で自分の管理をしっかりできる人だけサボって、自分のやりたいことに時間を使ってください。