今更ながら進撃の巨人を全巻読みました。

実は昔にも一度読んだことがあって、その時は絵が下手で誰が誰だかわからんし、いきなり場面が飛びすぎて意味がわからん。
って思って見るのやめちゃったんですよね。

でも改めて見直したら、
めっちゃおもしろいじゃん!!
ってなったんですよね。

そしてなんでこんなに面白いと思ったんだろう。っていうことを考えていたら、ある結論に辿りつき、それってビジネスにめっちゃ役立つんじゃね?
って思ったわけです。

今回はその結論について話していきます。

スポンサードリンク

進撃の巨人 人気の秘密

なぜ進撃の巨人がおもしろかったのか。
その根本的な部分について話していきます。

僕が考えるに、進撃の巨人があそこまで人気になったのは、ストーリー展開そしてキャラの個性です。

この2つがあったからこそ、進撃の巨人はあそこまでブームになったんだと思います。
とは言っても、キャラの個性に関しては、いろんな漫画、アニメでも突き詰められている感じもしますし、そこまで大きな要因じゃ無いと思うんです。

一番大きな理由は、ストーリー展開です。

ストーリーというよりは展開です。

ここからはネタバレを含むので読んでいない方は見ない方がいいと思います。

読みたい方はリンク貼っておくので、買って読んでみてください!

ストーリーの話に戻りますが…

最初はいきなり巨人に襲われて意味がわからないですよね。
意味のわからない敵に支配されて1巻からバンバン人が死にまくります。

そこからの話の展開がめちゃくちゃ早いんですよね。

巨人強すぎ→エレン巨人化?→巨人の力を操れるのか→巨人のランクが存在→新たにやばい巨人が出てくる→味方が実は巨人?→….

ここまでで1/3くらい。
さらに残り2/3で巨人の正体やら巨人になった理由やら外の世界についてやらどんどん話が進んでいきます。

ほんと読み出したら止まる場面がありません。
結局、僕はぶっ続けで読んでしまいました!笑

このスピード感こそが、この漫画の人気の秘密だと思うんですよね。

ワンピースも最初の方はポンポン話が進んでいきましたよね?
最近はやたら長いですが…笑

やっぱり、リズムっていうかスピード感って本当に大事だと思うんですよ。

人ってリズムを変えてあげて刺激を与えないとすぐに飽きちゃうんです。
絶えず刺激を与え続けていくことで、めっちゃ面白い!!ってなると思うんですよね。

進撃の巨人なんて伏線一つ回収したら、新しく複数の伏線をはったり。
と思ったら、ポンポン伏線を回収していったり。

バトルのかっこよさに加えてこのスピード感があったからこそ、進撃の巨人はここまでヒットしたんじゃないのかなーって思います。

スポンサードリンク

何がビジネスに使えるって?

結局、何がビジネスに使えるんだって話ですよね。

僕がビジネスに役立つなって思ったのは刺激を与えるってことです。

お客さんを飽きさせないように、刺激を与え続けることってめっちゃ大事だと思うんです。

例えば、ブログやホームページを訪れた時に、前来た時と全く同じものを見せられたらさすがに面白くないですよね?

それが何回も続いてみてください。
絶対に来てくれなくなりますよ。

この刺激っていうのが物販においてはもっと大事です。

ただ商品を並べているだけじゃ、今の時代あんまり売れないんですよ。

今買わなきゃ無くなるかもしれない、商品が今だけ安くなっている。
テレビで紹介されていた、好きなアイドルが使っていた。
などなど…

何か自分にとって刺激があるから、商品を買うわけですよね?

この刺激を与えてやることが、物販をやる上では大事なんじゃないかなーって思います。

でも普通に1割引ですよーっていうだけでも弱くて、どうやって商品を安く見せるか。
どうやったらよりお得感を演出するか。

これが大事になってくるんです。

なんか面白いセールやってんなーとか、この人が扱っている商品すぐに新しい品が入ってくるからみてて楽しいとか。

見ている人がお金を払わなくても、みているだけで楽しくなるようなものにできたならそれだけで他の人たちと差別化できると思いません?

いかに面白そうなイベントを考えるか。
それができたら人気になるんじゃないかなーって思いました。

スピード感は大事だがやっちゃダメなこと

スピード感は大事だけど、注意してほしいこともあります。

それは扱う物をスピーディーに変更することは絶対にやっちゃダメです。

いくらスピード感が大事だからと言って、扱う物をポンポン変えてしまうのは最悪です。

情報発信ならテーマを音楽からアニメ、アニメから服

こんな風にポンポン変えてしまっていては、リピーターが増えるわけがありません。
物販についても同様ですよね?

この前買った人が漫画をたくさん扱っていたから、見に行こうと思って行ってみると服ばかり扱っていました。

まじかよ…

ってなりますよね?

変えるものはあくまで、見せ方です。

同じ1割引でもどんな風に見せると買ってくれやすくなるのか?
その見せ方をスピーディにいろんな風に変えていくのがいいのではなかと思います。

まとめ

最近は本当に思うのですが、売れるものやヒットするものって絶対に決まった共通点があるんですよね。

表面上は全く違うことをしているけど、根本的には王道の流れになっているんです。
漫画は決まった流れでも、キャラの書き方やストーリーの深さなんかでうまく差別化していますよね。

まずは売れているものをしっかり分析すること。

そしてどこに共通点があるのか?を探る。

物がいいから?安いから?見せ方が上手いから?
いろんなことが考えられます。

これを考えていくことで、より成長できるんじゃないかと思います。